kairai-logo.jpg

2006年04月14日

解体作業7日目&8日目

7日目
前日の作業で床まで剥がしておいたので、一番狭い部屋Aだし早いとこ片付けて次の部屋にいきたいものだ。
しかしだ、4面パーチクルボード(おが屑のようなものを接着剤で固めて板材にしてあるやつ)に囲まれたこの部屋は思いのほか手ごわかった。
散々苦労した挙句、当日中に終了する事ができなかった。
それにしてもこの疲労感はなんだ?いつもの3倍くらい体力を消耗して日記を書く前にダウン。。。。

8日目
昨日のうちにパーチクルボードはやっつけておいたので、残りはいいペースで壊れてくれる。
この部屋に限って壁にブロックが使われていないので、全部終了したら完全に部屋が消滅した。

7th.jpg DSCF0135.JPG

いやースッキリ!
それにしてもこの疲労感はなんだ?
原因はどうやらマスクにあったらしい。フィルターがもう完全に詰まっている。酸素補給が困難なので体力を3倍くらい消耗するみたいだ。いつのまにか心肺トレーニングも組み込まれていたらしい。
でもフィルターはそこら辺では売ってないので、このまま詰まったフィルターで作業を続ける事にするが、登山やマラソンの予定はない。
しかし、よくよく考えてみると、これまで壊してきた部屋からは共通素材以外に必ずその部屋独自の防音素材が出てくる。
最初の部屋から順番にいくと、ロックウールの分厚いマット、分厚いスポンジ状のゴムシート、絨毯、吹きつけロックウール、パーチクルボード。
まったく、ロールプレイングゲームか?
さて次の部屋Cからは何がでてくるか?
床と天井、壁の表面を剥がして今日は終了。

8th.jpg

最後の部屋からは、もちろん現○?
しかも聖徳太子!

バンチョウ
posted by カイライバンチ at 21:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場移転の準備 4/13

バブル期に、やたらとアスベスト撤去工事が多かったような気がするが、
アレは“アスベス詐欺”だったんじゃねーの?
『もしもし、おばあちゃん? アスベス、ひと吹いちゃった!』
shiox3.jpg


posted by カイライバンチ at 00:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

解体作業6日目

今日から地下2階をぶっ壊す

b2b.jpg

まずは、広めの部屋@から手をつける。
地下1階と比べて、防音対策が単純で基本的には二重構造にしかなっていない(今までは5重6重になっていて剥がしても剥がしても終わらなかった)上、腐ってるからサクサク壊れる。
この分なら2部屋いけるんとちゃうか?と思っていた矢先
ガキガキガキゴーン!真打登場!

DSCF0118.JPG

ゴメンナサイ。
今まで嘘ついていました。
今まで剥がしていた吸音材はアスベストではなくロックウールで、一応健康には危害はないらしい。痒いのがその証拠。
しかし遂に登場、吹付けアスベストか?
でも吹付けアスベストは昭和50年には法律上禁止になっている。(あくまで法律上だが、、、)
この建物は昭和55年に竣工しているのでアスベストのはずは、、、
調べたら吹きつけロックウールなるものがアスベストの代替として使われるようになったらしい。
http://www.rwa.gr.jp/HtmlFiles/Frames/FAQBady.html
そう、みんなが思っている町で見かける吹きつけアスベストは実は吹きつけロックウールで健康に害はないらしい。
うーん、知らんかった。
ところがここで問題発覚!
昭和63年頃までは吹きつけロックウールにアスベストが混ざっているかもョ?だってさ!

面倒は後回しにして、Aの小部屋の床を剥がして今日は終了。

4.12.jpg

バンチョウ
posted by カイライバンチ at 01:27| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

工場移転の準備 4/12

今日からB2Fの内装はがしを始める、腐った石工ボードがサクサク剥がれていくのが気持ち良い。
楽な作業であまり汗をかかないせいか昨日のカイカイ加減がウソのようだ、と思いながら天井を剥がしたら
吹き付けアスベスト キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
キター.jpg

…とりあえずそいつ」は無視してセットの様なB2Fの一室終了
set_sim.jpg
その後、一番カビてた小部屋の床を剥がして本日は了。




pyoko_2.jpg



虎゛殺iLL(シヶヶ
posted by カイライバンチ at 23:18| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体作業5日目

昨日に引き続き第3の部屋解体。3時過ぎに終了。
昼食後は、残っていた廊下部分Cの壁を解体。
おめでとう!地下1階の内装撤去が完了しました。

さて、明日からの作業を考えてみる事にする。
引き続き地下2階部分の内装撤去作業に移るか?それとも地下1階部分の不要なブロック壁をぶっ壊すか?
気分的には同じ作業が続くのは気がめいるが、ゴミの処分の事を考えると内装撤去を続けるべきかな。
誰か激安な産業廃棄物処理やさん知りませんか?

after.jpg

地下1階は、赤丸の部分の壁を撤去、青い部分の壁を新設、黄色の部分の床も撤去して地下2階から吹き抜けにする予定。
ちなみに、@ABは解体していった部屋の順番。Cは今日の写真部分。

04110001.jpg04110003.jpg

そろそろ体も作業に慣れてきて筋力も回復してきた。
が、シヶヶの体力は日に日に落ちてるような気がする点が心配。

バンチョウ
posted by カイライバンチ at 01:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場移転の準備 4/11

昨日、途中で終わったB1Fの部屋、完全に剥がし終わると3時になっていた。
この前からずっと同じ事を繰り返しているのサ…
いやいや、同じではありませぬ。
でもそれは、いい感じに違うのではなく、いやな感じに違うカンジ。
tomorrow's just bachikaburi.
そのとき、バンチョウは言った…
『お前、休憩しすぎ』

汗で前が見えない、そんな事よりからだ中がカユイ、痒いかゆいカユイ。

ぴょこ!
壁から何かが飛び出した!
『なんだチミは!?』
「私は食塩、防音効果を期待されて壁の中に入れられていました」
『塩にそんな効果が?!』
「さぁ、前のオーナーが誰かにウソを吹き込まれたんじゃないでしょうか…」

『な


虎゛殺iLL(シヶヶ04110002.jpg
posted by カイライバンチ at 00:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

21:58 工場移転 の準備 4/10

一日休んでリフレッシュ!と言いたいところだが、相変わらず手が痛い。
今日壊し始めた部屋は、おそらくB1Fでは最後に造ったと思われる、桟の造りがこなれていた。
まぁ、こなれているのはそこだけで防音に関しては相変わらず???、つーか退化しているのでは?
ジュータン三層って何だーよ!

手の痛さから判断して明日は雨じゃないかな。

虎゛殺iLL(シヶヶ
posted by カイライバンチ at 00:01| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

解体作業3日目

最初に言い忘れたけど、現在この作業はシヶヶと二人で行っている。
今日は最初の図面で一番右側の部屋をやっつける。
1日1部屋づつやっつければ、1週間で内装撤去は完了する予定。
しかし、いきなり新たな難敵に遭遇する事になる。

DSCF0104.JPG

防音効果を高める為にか、壁と床の表面に厚さ3センチ位のゴムが、後から接着剤で貼り付けてある。この接着剤がなんともうっとうしい。接着剤なんてものは着ける時には「接着剤で大丈夫か?」と思うのだが、剥がす時には「なんじゃ?この接着剤は?いよいよ剥がりゃーせん!」となる。散々苦労して何とか全て撤去した時にはもう午後1時をまわっていた。

DSCF0105.JPG

この部屋の構造は、全ての壁がブロック3重壁(効果なさそう?)後はその表面に桟木を挟んで石膏ボードとその上に吸音ボード(こいつが柔らかくてアスベストを大量に含んでいそう?)が貼ってあるだけで、昨日の部屋のように分厚い吸音マットやグラスウールはないようだ。一部の壁と天井には石膏ボードの下にゴムの遮音シートが張ってある。
解体していくうちに、おそらく防音専門業者じゃない知り合いの工務店にでもやらせて試行錯誤しながら作ったであろう事が伺えてきた。各部屋での防音対策の方法が一貫してない上に、同じ部屋の中でも効果はともかく厳重に対策してある場所があるのに、間が抜けた対策しかしてない場所がある。なにしろこれが絶対効果覿面の方法という自信が伺えなく、とてもプロの仕事とは思えない。
まあ、そんなことはどうでもいいが、そんなこんなで結局今日はこの部屋を全部やっつける事はできなかった。

DSCF0108.JPG

シヶヶの奴が「いまだかつてない重労働だ」と音を上げたので明日は休みとすることにした。(といっても今日だけど)

*写真に何故か白い斑点のようなものが映ってしまうが、これはかつてこの場所で死んでいった多くの魂が映っているのではなくて、おそらくフラッシュの光が空中を浮遊する塵(アスベストか?)に反射して映ったものだと思う。
posted by カイライバンチ at 19:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

解体作業2日目

04070001.jpg

今日は、真ん中の部屋の防音内装を撤去する事にする。
ちなみに、この図面は地下1階部分。地下2階もあるけど、そっちは後。
例によってバールで表面の石膏ボードをはがしていく。石膏ボードは2層になっているが、柔らかいのでバンバンはがしていく。その下にはゴムでできた遮音シート、更にその下には木の桟組みとグラスウール。その下にやっとブロック壁だ。場所によっては更にその構造が二重になっている。天井も似たような構造だが、上を向くと目に破砕粉が入って痛い。おそらくアスベスト満載の防音ボードで、最悪の環境の中、解体作業は進んでいく。
皮膚のあちこちがチウチクして気持ち悪い。

04070003.jpg

バンチョウ
posted by カイライバンチ at 02:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新工場移転 ”遂に決定”

ここ最近の懸案事項であった工場移転が遂に決定した。
断っておくが、製作場所と保管場所を確保するにも金がかかる。
ロフト付8畳程度のレンタル倉庫から始まって、現在の工場で約10年。考えてみれば随分金を払ったものだ。
利益をほとんど生み出さない状態で、いつまでもこんな事が続けられる訳もなく、今後もカイライバンチの活動を継続していく為、そして少なくとも今よりは利益を発生させて今後の活動の発展につなげていく為、遂に念願の自社工場を入手したのである。
場所はまだ明かせないが、都内環7近郊駅1分という好立地な場所である。
工場というと所謂鉄骨スレートの建物を連想するだろうけど、なんとRCの地下で、元々工場なんかではない。地下1階まではスロープ付の特殊な物件で、しかも地下2階まで付いてくる。
これはあくまで理想の話だけど、製作工場兼、リハーサル工場兼、展示スペース兼、ライブスペースにできれば最高だと思う。建物の条件としては不可能ではないけど、お金と体力勝負で果たしてどこまでできるか?
現在、地下1階と2階は元リハーサルスタジオという事で、小部屋がいくつも有り、しかも防音設備の為、重厚な内装が施されている。まずはこいつの撤去作業と小部屋を解体してある程大きなスペース作りからはじめる事になる。

解体作業初日

sakura1.jpg

まづは手始めに赤線部分の壁を撤去する事にする。
使用する道具は、主にバールとハンマー。全て人力だ。
丸で囲んだ下側の部屋は防音されていないので、結構すいすいぶっ壊れる。
2時間程度でほぼ片が付いた。
各小部屋は基本的にはブロック壁で間仕切りされている。防音ルーム製作過程で試行錯誤したのか、構造が場所によってまちまちである。中にはブロック壁3重構造になっているようで、先が思いやられる。手始めに丸で囲んだ上側の方のブロック壁幅1メートル程をハンマーでぶっ壊してみる。
意外とすいすい壊れるが、さすがに鉄筋が入っている場所は丈夫だ。
最近は仕事も楽な仕事が多かったので、体が鈍っていてしょうがない。2,3分もやると息が切れてしょうがない。まぁ、一週間もやれば体力、筋力も回復してくるだろう。
丁度良い肉体トレーニングだと思って、解体作業続けていく事にしよう。

04060001.jpg

バンチョウ



posted by カイライバンチ at 01:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。